2021年、ショパードは再びマキエダイヤル干支時計「L.U.C XPウルシイヤーオブザオックス」を発売し、縁起の良い黄金の雄牛のイメージを鮮やかに作り出しました。今回もマキエ職人技の文字盤は、日本の「山田平堂」工房のラッカーマスター小泉三共さんが手作り。

 

「まきえ」は古くからの日本の伝統工芸品で、「スマック」の樹脂から生ラッカーを抽出し、金、銀、トナー、マザーオブパールなどを混ぜ合わせてカラフルな色を表現しています。手で描いた。

 

職人は金色の雄牛が文字盤にカートを引っ張る絵を描きました。古代日本では、貴族だけが雄牛のカートに乗ることができました。これは、豊饒と収穫の美しい意味を象徴しています。金色の雄牛の胸には繊細な生え際が見られ、馬車は何層にもわたって塗装されており、複雑な装飾スタイルを示しています。濃い青色の背景には水と森が見え、薄い金箔を使用して空気のような視覚効果を示しています。

 

39.5mmのローズゴールドケースには、スイング周波数28800vphのキャリバー96.17-L自動巻きムーブメントが装備されています。ダブルバレルは65時間の電力貯蔵を提供します。 22Kゴールド製のミニチュアローターのおかげで、ムーブメントの厚みはわずか3.3mm、ロレックスレプリカ時計全体の厚みはわずか6.8mmです。サファイアクリスタルのケースバックを通して、コート・ド・ジュネーブの装飾を鑑賞することができます。

 

黒のアリゲーターストラップが付属しており、88個限定です。