スーパーコピー時計おすすめ

エルメスは、アルソー・ル・ドゥ・ラルーンのムーンフェイズウォッチシリーズの新作を発売しました。最も特徴的なのは、文字盤が「ニューヨークの隕石」でできていることです。この隕石は1960年代に発見され、2008年に発見されました。名前を付けた後、エルメスが購入しました。

 

隕石の文字盤は、鉄隕石のユニークなニッケル鉄結晶構造であるWidmanstättenパターンの柔らかい灰色を示します。形成には数百万年かかります。隕石の各スライステクスチャはすべてユニークです。

 

エルメス独自の「ムーンリーディングタイム」のレイアウトは、創意工夫と楽しさに溢れています。12時と6時に、それぞれ南半球と北半球で観察される月を表す丸いマザーオブパールがちりばめられています。時分ディスクと日付ディスクは文字盤の上に吊り下げられ、59日ごとに文字盤を中心に回転します。 2つの小さなダイヤルは、回転中に2つの月の円盤を覆い、この時点で月の位相を形成します。

 

磨かれたプラチナケースの直径は43mmで、H1837自動巻きムーブメントが装備されており、50時間の電力を確保できます。

 

クロコダイルレザーストラップ、16個限定の公式価格は69,950米ドルです。米国でのみ利用可能です。