それはすべて、20世紀初頭に米国フロリダ州デイトナビーチで始まりました。まっすぐで平らな地形を持つこの広大で硬い砂地は、35 km(22マイル)以上伸び、スピードを征服し、モータースポーツの台頭をもたらす伝説的な楽園になりました。 1903年から1935年にかけて、14の世界の陸上速度記録がそこで生まれました。デイトナビーチの自然の道は並外れており、米国とヨーロッパ中から車のパイオニアがここに集まり、当時最も強力な車を運転して競争します。

 

モータースポーツはデイトナビーチを世界中で有名にし、すぐに「世界のスピードの首都」の評判を獲得しました。 1935年3月、英国の運転手マルコムキャンベルは、有名なブルーバードチャリオットを運転し、デイトナビーチで時速445キロメートル(時速276マイル)の平均速度記録を打ち立てました。わずか数か月後、彼はユタ州のボンネビルソルトフラッツで300 mphの制限を破り、世界の陸上速度の新記録を樹立しました。有名な「キングオブスピード」は、1930年代初頭からロレックスオイスターウォッチを着用しています。