マークは通常、王朝を変えるときにも到着しますが、今年は少し特別で、ブランドはSpitfire Spitfire戦闘機シリーズに焦点を当てています(これは8月に開始される「Silver Flame Sweep-Longest Flight」に沿っています) (関連)、IWCスーパーコピー以前のMarkシリーズはClassicサブシリーズに分類されていましたが、今回はIWCがMark 19をリリースしませんでしたが、これは少し驚くべきことです。ただし、Spitfireシリーズは2019年に成功感を抱いているため、新世代のMarksの開始を楽しみにしている人たちに落胆する必要はありません。名目上のMark 19バトンがなくても、SpitfireシリーズはIW326801のような基本的な3ピンスチールケースは、マークフライトウォッチを見つける代わりに使用することもできます。

 

 

2019年のSpitfireシリーズのデザインが調整され、レトロなスタイルが強調され、IWCでさえ1940年代後半に製造されたMark 11を直接販売したため、IW326801がMarkの代替品と見なされる理由最も人気のあるビッグクラシック)がこのスピットファイアのクリエイティブプロトタイプとして使用されていましたが、実際、2017年にMark 18はいわゆる\ “Tribute to Mark XI”バージョンを発売しました。今ではIW326801に精通しています。しかし、当時のマーク18の敬礼モデルは、純粋に再彫刻されたポジショニングに比較的近いです。今年のスピットファイアは、過去のスタイルとモダンな要素が融合したものです。外観。

 

 

IW326801の直径はマーク18の直径よりも小さく、わずか39mmで、レトロな設定に沿っていますが、ケースの形状はマーク18の形状とほぼ同じですが、文字盤の詳細の違いはより明白です。すでに。 IW326801のスケールとフェースプレートの端の間にわずかな隙間があり、マーク18のマークリングと比較して、フェースプレートの端に近くなっています。標準は、現代のマークに近いデザインです。このマーク18の敬礼セクションは、マーク11の元のデザインに近くなっています(たとえば、元のマーク11の三角形のタイムスケールには2つのポイントがなく、時針はまだナイフの形をしています⋯⋯)。 IW326801の3時、6時、9時、および12時の長方形の発光時間スケールは比較的短く、フェースプレートの6時方向に赤い「SPITFIRE」が追加されています。これらの詳細から、2つのモデルをマーク11と比較できますインスピレーションを与える時計のいくつかの顕著な手がかりがまだあります。

 

 

2019年のSpitfireシリーズには、グリーンファブリックストラップ、銅ケース、グリーンフェイス、ブラックフェイス、ブラウンカーフスキンストラップなど、いくつかの一般的な機能があります。それは黒い表面と緑の布製ストラップと組み合わされます(もちろん、ジュニアモデルや革製ストラップIW326803など、一部のモデルはこのロジックに完全には従いません)。IW326801の原理は、ステンレス鋼+黒の表面+緑の布地です。ストラップのラインは、局所的なブロンズ素材ではありませんが、NATOストラップの全体的なデザインスタイルですが、非常にノスタルジックな雰囲気があります。また、ムーブメント部分では、30110または35111ムーブメントを搭載したMarkシリーズとは異なり、スピットファイアジュニアが32000シリーズの自動基本ムーブメントを初めて導入しました。コアのパワーリザーブは72時間に改善されました。これは比較的賢明なアップグレードであり、ロレックスコピー装着の実用性もより強くなっています。