この「Slim d’HermèsPromenade de Longchamp」赤塗装の文字盤時計は、文字盤のベース素材がラクダの骨粉と樹脂で作られているという点で最もユニークで、中東で始まった「ペルシャのミニチュア」プロセスに敬意を表しています。

 

 

文字盤は、ラクダの骨粉と樹脂で作られた、発色性の良い下地から切り取られます。絵を描くために使用される顔料は、天然材料のラピスラズリ、ターコイズ、サフラン、ヘナ、ザクロ、金粉、銀粉などからも得られます。 各ダイアルはアーティストによってマイクロペイントされ、酸化防止のためにワニスでダイアルに固定されています。

 

 

39.5mmホワイトゴールドケースはスリムエルメスシリーズのもので、ケースの厚さは7.4mmで、スリムな腕時計で日常着に非常に適しています。 スーパーコピー時計自己生産のキャリバーH1950を装備したこのパール巻き自動巻きムーブメントは繊細にレタッチされ、スカーフパターンのような「H」パターンを見ることができます。