オメガは、2018年にバーゼルワールドでこのゴールドスチールツートーンバージョン「シーマスターダイバー300M」を発売しました。最も特別な機能は、1993年初頭の「ウェーブ」の文字盤装飾の復活です。

 

クラシックな要素の復活に加えて、これはシーマスターダイバー300Mのこれまでで最も包括的なアップグレードでもあります。ケースのサイズは41mmから42mmに増加し、ケースの厚さは1mm増加しました。セラミック製ベゼルのデジタルスケールは凹みがなくなりましたが、セラゴールドゴールドで満たされた後に研磨されており、湾曲したカット面が文字盤の波状パターンを反映しています。

 

ダイアルは一枚のZr02セラミックでできており、クラシックな「波」装飾がレーザーでダイアルに刻まれています。中空の時針と分針は、大型の人目を引く発光時間マーカーと一致して、水中で優れた認識を保証します。

 

10時位置のケース側面のヘリウムバルブも新しいデザインを採用しており、ヘリウムが誤って水中に放出された場合でも、ケースに水が入ることを心配することなく、少なくとも50メートルの耐水性を維持できます。

 

ケースバックには初めてサファイアクリスタルが使用されているため、究極の同軸マスタークロノメーター8800ムーブメントの操作をいつでも楽しむことができます。このムーブメントは+5秒以内の高い移動時間精度を持ち、15,000ガウスの磁場に耐えることができます。スイング周波数は25200vphで、パワーリザーブは55時間です。

 

この2トーンゴールドスチールバージョンに加えて、新しいシーマスターダイバー300Mには最大14種類のケース素材とダイヤルカラーバージョンがあり、今年の海馬と007が好きな人には非常に価値があります。