セイコーには4つの主要なダイビングシリーズがあり、ケースの外観から、相撲(相撲)、ツナ缶(缶詰のナマズ:甲羅の甲羅)、亀(亀の甲羅、アワビの甲羅と呼ばれる中国の輪)、および((武士)に分かれています。パテックフィリップコピー合計4つのシリーズがあり、それぞれに独自の特徴があり、支持者もいます。今日紹介されたSPB103J1は相撲シリーズに属します。外観はマリンマスターのSBDX(一般に大型MM)シリーズに似ていますが、潜水深度はわずか200メートルなので、テーブルフレンドから小型MMと呼ばれています。

 

 

小型のMMシリーズはもともとスキューバシリーズに属し、耐水深200mで、以前のモデルにはSBDC001がありました(詳細については前の記事を参照)。後に、フェースプレートが変更されたため、スキューバが削除され、Prospexの「X」のみが使用されました。 SBDC031であり、同じ防水性は200mですが、このシリーズで最も批判されているのは、最後の変更中にアップグレードされていないミネラルガラスの使用です。この変更は、ミネラルガラスをサファイアガラスに直接アップグレードするだけでなく、マシンを直接アップグレードします。コアは50時間の電力6R15から70時間の6R35にアップグレードされ、価格もわずかに上昇しました。

 

 

45mmのテーブル直径と13.5mmの厚さは基本的に変わりませんが、上の写真から、SBDC 031およびSPDB 101J1のフェースプレートと時間マーカーが同じように見えることがわかります。二重矢印スタイルはロケットスタイルに似ており、時針と分針のテールエンドも元のダイヤモンド形状からより丸い形状に変更されました。もう1つの違いは、アウターリングの言葉遣いです。アウターリングはアルミニウムメッキのアウターリングでできています。

 

 

SBDC031の外側の円のフォントは比較的太いです。新しいSPB101J1フォントは比較的細く、よりSvenに見えます。個人的には新しいフォントを比較します。古いフォントは太すぎます。個人的には太すぎるように見えます。 、しかし、新しい蛇口は「S」という言葉をキャンセルし、鏡面仕上げの蛇口になりました。ロゴのある古い蛇口の方が質感が良いと個人的に感じています。ブルガリコピー新旧のストラップは同じで、バックルも同じで、ストラップの延長部も付いています。

 

 

今回のアップグレードのもう1つの焦点は、元の6R15から6R15にムーブメントをアップグレードすることです。仕様に関しては、6R35には24個の宝石があり、6R15の23個よりも1つ多くなっています。消費電力は一気に40%増加し、50時間から70時間になりました。金曜日の夕方から月曜日、週の休日の約60時間に簡単に対応できます。また、基本的なムーブメントを70時間以上に増やすことも現在の時計メーカーと一致しています。練習。