シリーズ誕生20年、シャネルJ 12は腕時計業界の最もファッション的なアピール力のある作品となりました。もちろん素晴らしい市場フィードバックも得られました。2019年に発売されたカリブブリエ12.1はJ 12腕時計の全面的な向上です。

 
変化の最大のブランドの自産のムーブメントは、技術的に多くの革命的な向上があるだけではなく、視認性の高い円形の透かし彫りの振子です。美感を高めると同時に、腕時計はこれから「高倣表」の大道に悩まされなくてもいいです。もちろん、すべての変化は依然としてJ 12の元の元素を保証することを前提としています。このような純粋な設計理念は、ほとんど腕時計設計の一里塚式の概念と見なされます。

 
今回の受賞作品の中で、もう一つの簡単さをコンセプトとして作った腕時計作品で、Ming 17.06は簡潔で謹直な現代形式で経典的な取り組みを示しました。簡単に見えますが、テクスチャと光の面では、銅の時計盤をエッチングして研磨した糸引きのケース、多層の文字盤とサファイアガラスの鏡上の反射光と比較して、これらの幾何学模様は時标と一体になっているのもこのようにスムーズです。

 
重要なのは、シンプルな腕時計の代弁として、シャネルでもMINGでも、今回の受賞作品の中では価格が比較的親近的で、本当に受賞腕時計を手にしたいというあなたにとっては、非常に考慮に値する選択です。