世家の最高の職人を集め、Van Cleeef&Arpelsヴァンクリーンは貴重な工芸で新たな幸運を再現し、黄金彫刻、真珠母贝微絵と透亮漆を通して、バラの夢を現実にし、更に各腕時計の外輪に三輪の厳選された「魂の美しさ」を持つダイヤモンドとカラー宝石をはめ込んでいます。

 
様々な姿の多彩な制作技術を通して、Charms Extrordinairesシリーズの腕時計の文字盤が見事に1枚の心を奪われる美しい景色に変化しました。そしてシルクのボタンをかけた精致なはめ込み作業で4種類の吉祥のシンボル:鈴蘭、蓮の花、タンポポ、ツバメを演じました。表轮の外轮の一つ一つの色が美しい宝石は、文字盘の背景のグラデーションの色を続けています。

 
蓮の花はアジア地域で重要な文化的象徴的意味を持っています。きらきらと輝く日光に照らされて、「泥が出ても輝きが出ない」という蓮の花は水の上で幽幽幽幽幽としてその清らかで俗離れした姿を展示しています。自己実現、啓蒙と純潔を代表しています。紅蓮が作った和諧優美な花冠、ピンクの花弁には透き通った水の光があり、文字盤で柔らかく咲きます。吉祥のハスの線は、俗世を騒がせ、安祥をもたらす。

 
春の大地を象徴する腕時計は優雅で力強いツバメのペアを描いています。ヨーロッパではツバメが巣を作って住む家に幸運をもたらすと言われています。Van Cleeef&Arpels梵克雅宝はこの腕時計を通して二大経典のテーマを温めました。翼を並べて飛ぶ飛鳥は志を変えない愛情を象徴しています。1920年代からVan Cref&Arpels梵克雅宝の特徴的なデザインのツバメになりました。また、雲のような幸運なストラップがそっと文字盤を通ります。