メキシコ国際高級時計展(SIAR、Salon International de Alta Relojea)はラテンアメリカの有名なレプリカ時計展で、毎年業界内の主要なリストを招待して展示しています。今年は第12回まで開催されました。時計愛好家でもコレクターでも、腕時計の専門家でも、ここで高級時計分野の最新トレンドやニュースを知ることができます。今年は50あまりの専門腕時計ブランドが最新時計の逸品を携えて展示会に登場し、高級時計業界から4000人以上の専門家や時計愛好家が訪れました。

 
今回の万宝龍が発表した新しい1858シリーズの追針クロノグラフ(限定8枚)は本物のコレクターの時計で、それは完璧に美耐華の卓越したタブ伝統を踏襲して、独特な復古緑色のケースを採用して、メキシコ国旗の色と呼応しています。ちなみに、この時計の文字盤はスモークグリーンの柔らかい玉で作られています。自然を遡り、万宝龍の山の探検精神を完璧に表現しています。

 
「かつてアメリカ州文明の発祥地であったメキシコは、多くの歴史愛好者を魅了して神秘的なマヤ遺跡を探求してきました。今、メキシコはラテンアメリカ市場の重要なプラットフォームとして注目されている見本市の盛事を通じて、世界各地からの時計愛好者が集まり、見事な高級時計技術とユニークな腕時計のデザインを鑑賞しています。メキシコ国際高級時計展(SIAR)でこの新しい時計の傑作を発表することができて光栄です。」万宝龍腕時計類製品管理ディレクターのDavide Ceratooさんは言います。

 
万宝龍1858シリーズの腕時計は前世紀の二、三十年代の伝奇的な美耐華専門軍用腕時計からインスピレーションを汲み取り、現代的な方式でタブの古典を踏襲し、自然と探検の旅の潮流を追究し、復古的な風格を示すと同時に、恐れない探検精神を注入します。

 
今年のメキシコ国際高級時計パネライコピー展(SIAR)では、万宝龍が新たに1858シリーズの追針クロノグラフ(限定8枚)を発売しました。新製品は直径44ミリの青銅のケースを採用して、初めてスモークグリーンの柔らかい玉の文字盤を組み合わせました。軟玉は貴重な宝石が現れる鉱物の形で、耐久性、靭性、透明度、そして低調で優雅な光沢によって人気があります。