この腕時計のデザインのヒントは、真力時40年前に発売されたタイムウォッチに由来しています。今でもこの腕時計の色はとてもおしゃれで、いつまでも流行しないと思います。腕にかけるクロノグラフは、抜群の優雅さを示しています。完璧で調和のとれたケースは、この腕時計の陽剛の品質を強調しています。

 
この腕時計は銀色の太陽模様の文字盤と二色の計時盤、ロジウム金属の研磨面を採用して、スーパースーパースーパースーパー夜光の材料をコーティングします。

 
時計盤の3時位置の30分計時盤と文字盤の6時位置の12時間計時盤は1969年に登場したEl Primeroクロノグラフと同じように、それぞれ濃い青と暗い灰色を採用しています。文字盤は10時の位置が透けるウィンドウですが、今はもう本物のブランドになっています。

 
真力時(ZEENITH)の五角星のマークがキラキラと光り、そのムーブメントが毎回躍動する優れた技術を示しています。

 
このEl Primero Chronomaster 1969真力時旗艦腕時計は、真力時に自ら設計、開発、生産したEl Primero 4061型の新しい自動計時機芯を搭載しています。El Primero 1/10秒ジャンパー・クロノグラフはムーブメントの毎回の動きを表示することができます。速度調節機構と直接連結された中央計時針は、1/10秒ごとに1回鼓動し、メカニカルコアの最短時間間隔を示しています。このような短い時間の間隔で時間を計ることができるのは一回の偉大な突破です。目で見えるようにするのも大きな突破です。このために,ZENITHは,フェムト秒機能の計時基準を大幅に向上させた。ダイヤルは100の目盛りに分けられています。時計の針は10秒でダイヤルを一周します。一歩進むごとに正確に1/10秒を表示します。このタイムスタンプの装着者にとって、1/10秒は判読しやすい点数単位で表示されますが、従来のジャンプ秒機能の1/8秒または1/5秒は読み取りにくいです。ZENITHはこの腕時計で再びブランドの精密クロノグラフ分野での地位を確立しました。