バンダイCalatraシリーズ
1932年、バンダイはCalatravaシリーズのメンズ腕時計を発売しました。渾円の表面、デザインが優雅で、今でもCalatrvaシリーズの男女腕時計は百達翡翠の一番人気があります。丸いケースを持っていて、精巧な文字盤、簡単なref.566 Gは百達翡翠の最も代表的なデザインの一つです。ゴールドの素材を採用していますが、パリのステッチの柄をあしらった時計リングはレf.77119 Jがベストです。

 
バンダイGondoloシリーズ
Gondoloは百達翡翠の家族の中で最も「情熱」のあるシリーズと言えます。樽型のデザインは比較的高級に見えます。当時カルティエが酒樽型のトニアを出したのは女性だけで、7年ぶりに発売されたトニア男子時計はオシャレな男性だけが使うもので、本格的に酒樽型を紳士の主流として選んだ功労者はやはり百達飛麗のGonodoloだった。Gondoloの新しいバラゴールド腕時計Ref.5088 Rをお勧めします。ニューソールの彫刻は銀質の文字盤の独特な脱俗性があり、ブラックの宝玉式アラビア数字は復古の雰囲気があります。女性モデルはRef.4472 G(Gondolo Serata)を考えられます。Serataはイタリア語の意味は「夜」です。この腕時計の深いロマンチックな雰囲気が見られます。

 
バンダナシリーズ
Aquanut腕時計シリーズはレジャーと上品を一体化した現代的な雰囲気に満ちたデザインで、遠洋船の舷窓のシンボル的な八角形のケースからインスピレーションを受けました。また、このシリーズには女性の腕時計もあります。Aquanut Luce淑女シリーズはステンレス製のケースを採用しています。色違いの文字盤とバンドを組み合わせて、個性的で上品な雰囲気を持つファッション女性に適しています。