「Maestro Watch」は、大胆な異種のスタイルをそのままにしており、最もユニークなのは、時計の輪がない+凸起の時計鏡のデザインと、ピラミッドのような立体日付盤です。

 
42 mmのケースに直接にケースと同じサイズのサファイアクリスタルガラスの時計鏡をはめ込みました。この時計鏡の弧度と厚さは非常に際立っています。側面から見るとアーチ橋のように立体的で、開放式の文字盤の機械運転をより多くの角度から見ることができます。

 
文字盤は12時にスプリングボックスの締めが直接見えます。5時は立体的な二重円錐の日付盤で、7時は3 Hzの摆輪です。全部で2つの配色バージョンがあります。バラの金は赤いテーマに合わせて、日付盤の先端にルビーをはめ込みます。チタンのシェル版は青いテーマで、日付盤にサファイアをはめ込みます。

 
この他に、クリストファーClaartはこの表に「MEMO」という小さな機能を追加しました。4点の円錐形ディスクを通じて、この円錐形の円盤の上部はサファイアで、両側にダイヤモンドとサファイアがはめ込まれています。装着者が自分に何か重要なことがあると注意したい時に、この円錐盤をダイヤモンドの装着者の方向に回転させます。ダイヤモンドのきらめきを過ぎて、完成していないことがあるように注意します。

 
自動生産のDMC 16を搭載し、手動でチェーンコアを作り、342個の部品、ツイストボックス、動力備蓄は「7日間」(168時間)に達しています。黒いワニの皮のバンドを合わせます。防水30 m。

 
5級チタンシェル版の官価は68000スイスフラン、5 Nバラゴールドシェル版の官価は76000スイスフラン、2種類はそれぞれ88枚限定です。