「Edurance Limited Edition」限定版の両地時腕時計は、1914-1917年の「イギリス帝国南極を通り抜ける探検」の帆船「忍受号」と命名され、今回の探検の指揮者であるEness Shackletonを記念して、先駆者たちの畏怖の精神を賛美しています。

 
南極は世界で最も人間の生存に適していない環境の一つで、年平均温度はマイナス40~50度まで低くなります。――Edurance Limited Edition腕時計の性能設計要求は極低温で正常に運行されます。

 
まず、耐震43 mmの耐震チタン合金のケースで、より軽い装着の快適さを提供します。双方向コンパスのドーナツ、2時方向の表冠に保護装置があり、防水の深さは500メートルに達します。黒い文字盤には「地球」の模様が刻まれていて、銀白色の時の目印と針の視認度を引き立てています。文字盤3時は日付ウィンドウで、外輪には「第二時間エリア」の24時間ダイヤルがあり、第二時間エリアの針には特に「N」パターンが追加されました。

 
BE-93-2 AEの自動チェーンムーブメントを搭載しており、このムーブメントは改造後のETA 2893で、GlucydurのサイクリングとAnachronの遊覧糸を使用して、周波数2800 vphを並べて、動力は42時間準備しています。

 
腕時計はオレンジ色のNATOの時計のバンドあるいはチタン合金の時計の鎖を選ぶことができて、付加的な黒いゴムの時計のバンドを付け加えて、2018年6月に正式に発売して、300枚限定して、官価の6395ドル。