「Endavour Perpetual Calendar Purrity Cosmic Green」は、従来の万年暦リストの複雑な文字盤レイアウトとは違って、このシリーズは極めてシンプルなスタイルで最も簡単な「時間と日付表示」を示し、複雑な構造をムーブメントの中に隠します。

 
新作のプラチナケースは、既存の「Endavour Perpetual Calender」の腕時計に少し調整し、直径42 mmまで増加し、腕により快適にフィットします。祖母の緑の「フューム」のスモークケースは12時と6時にしか設置されていません。3時は大きなサイズの日付ウィンドウで、6時は小さい秒盤で、9時は動力メモリのインジケーターです。文字盤にはブランドロゴがなく、シンプルな追求の一部です。

 
文字盤の中央には柳の葉の形の針が二つあるほか、月を示す小さな針があります。異なる時を指して異なる月を表します。例えば、図の日付は12月12日です。うるう年の指示は表の背に置き、表の底をひっくり返してもらう必要がある。

 
HMC 800を搭載し、手動でチェーンムーブメントを作り、周波数18000 vph、動力は7日間備蓄します。薄い褐色の角のカモシカの皮のバンドを組み合わせて、50枚を制限します。