スイスの独立時計ガガミラノスーパーコピー工場のDeWittは今年Baselworldの間に非常に面白い新作を発表しました。

 
新作のケースはチタン合金で、直径は49.2 mm、厚さは15.3 mmです。表殻の広さに対して、文字盤自体は「コンパクト」で、透かした剣の形の分針一つと、繊細な秒針一つしかない。

 
DeWittによると、この腕時計のデザインインスピレーションは子供のそりに由来しています。文字盤には12本の「滑走路」があり、先端にはそりの形をした時の表示モジュールがあります。これらの時、標識ブロックは順番にレールに沿って滑り落ちます。整点の時点で、対応する時、標的ブロックはちょうどコースの底に着きます。その後の一時間で元の道に戻ります。同時に次の時、標的ブロックは底に滑り始めます。

 
自作のオートチェーンムーブメントを搭載し、周波数2800 vph、42時間の動力備蓄を提供します。

 
公定価格は52000スイスフランです。