先日、アレクサンドグループから来たBaume&Mercierの有名人が、全く新しいクリントクラブシリーズの青銅腕時計を発表しました。あだ名は「銅王」です。外観、材質、性能、価格などの方面から言って、名士の“銅の王”は強い勢いの襲撃と言えます!青銅の腕時計愛好家にとって、「おめでとうございます」と言いたいです。高い顔、高い価格性能比、買えそうな「銅王」が来ました。

 
外観から言えば、名士の「銅王」は一目でその魅力に気づくことができます。優雅で躍動感が失われず、スタイルはその名前と同じようにCLUBです。しかし、名士クリトンクラブの腕時計はステンレスで作られました。新しい「銅王」の一番新鮮なところはもちろん、その材質の青銅です。

 
ここ数年、青銅の腕時計がますます流行っています。青銅の材質を自分の古典的な時計の中に取り入れてみて、賢い製作者は青銅の材質でも、独特な特色を持つように作られています。新たな名士である「銅王」は、その採用した青銅の材質を「グレードアップ」しました。研磨/サテンを研磨した青銅のケースは時間とともに次第に古雅な光沢を生み出しています。すべての利点はここです。この優れた色調は、酸化を巧みに利用して、ユニークな色を生み出すことができます。

 
青銅の腕時計の魅力は、その「変化」の道にあります。酸化作用によって、青銅のケースは次第に暗くなり、濃い茶色になり、最後に緑色の反射光が現れ、空気や水、太陽光の作用による多重色調の層が現れます。それぞれの環境や装着習慣によって、青銅の腕時計の「変化」はユニークです。また、青銅は非磁性材料であり、ムーブメントの走行精度をより良く確保することができます。

 

http://www.jplifeblog.top/