Octo Black L’Original Chronograph時間計算コード表
精密鋼で作られた八角形のケースの直径は41.5 mmで、螺旋式の表冠は黒いセラミックをはめ込みます。研磨された砂の文字盤は視覚的に質感が十分で、透かし彫りの針と手作業で貼る時の標識を組み合わせて、セクシーで繊細です。
また、文字盤はクラシックなクロノグラフのレイアウトで、3時は30分のクロノグラフ、6時は12時間のクロノグラフ、9時は小さい秒針、ウィンドウズは4時と5時の間にあります。言わなければならないのは、文字盤のあらゆる要素が黒いため、この腕時計の読書体験性をある程度犠牲にしたからです。
カリバーBVL 328 Velocissimoを搭載して、自動的にチェーンコアに乗り、周波数36000 vphを振って、動力の備蓄は50時間に達することができます。ブラックゴムのベルトを組み合わせると、価格は9950ユーロです。

 
Octo Finissimo Skeleton Black Editionの超薄型透かし腕時計
超軽量チタン合金を採用しているので、この薄型の透かし腕時計のケースは直径が計時コードよりやや小さい40 mmですが、厚さは5.37 mmしかないので、とても快適で軽い腕時計です。
この文字盤には表示されません。目の届くところはセクシーな透かしで埋められています。ピンクの宝石の軸受とバラの金の針で装飾されています。文字盤の美しさはとても向上しています。なお、小秒ディスクは7時と8時の間にあり、9時は動力備蓄指示盤である。
ブルガリ製のFinissimo BVL 128 SKを搭載しており、厚さは2.35 mmで、動力は65時間にわたり備蓄され、黒DLCで処理されたチタン金属製のチェーンを組み合わせると、官価は22900ユーロです。