梅の時計は中国に進出した比較的に早いスイスのブランドで、70年代にすでに国内で鳴らしました。今の梅の花の時計はもっと多いのは「昔を懐かしむ」「気持ち」というラベルを貼っています。私達はその気持ちに関心を持ちすぎて、元々の「品質第一」の態度を無視しています。

 
この梅花時計は、外観の色と磨きの度合いから、若くして元気な若者に向いています。機能は複雑ではありません。伝統的な三針は日付を表示する機能を示しています。日常の必要を満たしています。ローマ数字の時にはステンレスのベルトを使って、この時計に少し大人の男性の魅力を加えました。最大のハイライトはやはりETA 2824-2のムーブメントの使用にあります。世界で最も占有率が高いムーブメントは、歩く時の正確さについてはまったく話になりません。