エナメル時計といえば、多くの人の第一印象は「高い」です。スイスのビッグブランドのエナメル時計はややもすれば10万円からスタートします。何十万円以上の値段を呼んでもありません。この時、日本人は再び価格性能比に執着するという特徴を発揮し、低価格のエナメル表を作って、庶民にもこのような高級工芸の味を味わうことができます。

 
このセイコーPressageシリーズSPB 049 J 1は貴重な平価エナメル表です。その時計の殻の直径は35.9 mmで、厚さは12.35 mmで、外筐は独特な酒樽の形をしています。注目すべきは、同シリーズのエナメル表は、いずれも大匠師ミツルYokozawa(横沢満)とそのチームの手によるもので、文字盤の上には10回以上も繰り返し描画されず、鮮明なレリーフ質感を実現するため、時計針の上には職人が熟練した技術を駆使して曲げ、アーチ型サファイアガラスの鏡との角度が合うように作られています。内部に搭載されているのは6 R 15の自動ムーブメントで、50時間の充電ができます。価格は六七千ぐらいで、このような細かい技術の組み合わせがこのように心地良い価格です。本当に驚きます。