ダイビングの腕時計といえば、万元クラスのトップバッターのコンカスです。古いカンカスはもちろん経典です。2018年にアップグレードされた新型のカンカスはもっと人気があります。海のような青い文字盤に朝日の模様が飾られていて、光があふれています。大きいサイズのアラビア数字の時の標識と丸い点ははっきりしていて、針も心を込めて設計しています。時計回りの菱形模様はもっと多くの夜光塗料を載せられます。

 
もちろん、新商品のロンジンコンカスが一番よく言われているのは、シングル回転テーブルがセラミックリングにアップグレードされて、質感が一気に上がりました。ステンレスケースの直径は41ミリ、防水深さは300メートル、耐摩耗合成サファイアの鏡面を備え、両面には多層の反射防止コーティングを施し、夏の太陽を恐れない。腕時計の内部にはロンジンL 619/888を搭載し、自動的に64時間の充電ができます。腕時計にはスチールバンドのほか、青いゴムのバンドがついています。公式価格は12,500元です。