2019年のジュネーブ展示会の準備段階で、カルティエは新しいSantosブルーディスクウォッチを発売しましたが、最も魅力的なのはグラデーションダークブルーダイヤルです。

 
時針と分針はスーパールミノバの蓄光素材で覆われています。それは青いスチールの針のシルバープレートバージョンよりスポーティーです。 6時のカレンダーは黒い背景に白で、色はダイヤルと一致しています。

 
時計のサイズは39.8 mm * 47.5 mmで、厚さは9.08 mmです。 スチールベルトとベルトで利用可能で、QuickSwitchストラップクイック交換特許システムとSmartLinkメタルブレスレット調整特許システムを備えており、ストラップは素早く交換または調整できます。

 
内装はカルティエの初級レベル1847MCキャリバー、4Hz振動周波数、48時間のムーブメント、脱進機へのニッケル – リン材の追加、そしてムーブメントの反磁気能力を強化するファラデーケージを備えています。 価格は約5万元です。