今日、沛納海は初めて銀色の文字盤を持つ作品を発表しました。Luminor Mainaの腕時計2つ(PAM 00977とPAM 00978)。一つは44 mmで、一つは42 mmで、これを除いて外相は大差ないです。

 
両表は全部316 Lのステンレスで作られています。スチールバンド、小三針です。42 mmバージョンの防水深さは100 m、44 mmバージョンの防水深さは300 mです。しかし、この色にはちょっと問題があると思います。時標、針と盤面は全部銀白色で、読みやすくて影響を受けますか?これは皆さんの意見次第です。

 
両表はいずれも沛納海のP.9010のムーブメントを搭載しており、背透過性があり、ダブルバネケース、3日間貯蔵しており、価格はいずれも6万元の人民元から出頭している。