2017年には、テストモデルの真力時DEFY Lab腕時計として、単結晶シリコン製の「真力時振盤」(ZENITH Oscillator)を使用しました。この装置は伝統的なフィラメントシステムを完全に交換し、メカニカルコアに15ヘルツまでの超高周波数をもたらし、また機械的な表計算業界を新たな領域に持ち込んだ。2019年には、「真力時振盤」の技術が全面的に最適化され、DEFY INVENNTORのホームシック腕時計という新たな姿で量産段階に入り、本格的に夢を現実に照らし出しました。

 
DEFYはホームシックの腕時計のレベルがはっきりしていて、未来感に富んでいます。ケースは世界で一番軽いアルミニウムベースの複合材料Aeronithを採用しています。密度はチタン金属の三分の一です。レベルアップした振動子の振動周波数は18ヘルツまで高められ、動力備蓄は2日間で、一日の誤差は0.3秒以内となります。フロントモダンな透かしの設計は、セミの羽のように薄い単結晶シリコン発振器をフルに見せ、時間の分秒の流れの中で振動が絶えない。振動の周波数が速すぎるので、肉眼では捉えられないような感覚さえあります。幅の長い針と分針は機械構造を掃いたことがありますが、細長い中置小秒針の先端は星形の装飾を採用して、秒針のストップシステムを配備して、正確な校正ができます。