若い時は遊びに夢中で、時間の惜しさを知らない。これらの初めての職場の決まりきった印象は、新人に十分な信頼を得るのが難しいです。確かに、青の渋いイメージは物事を処理して気の向くままに等号をつけやすくて、情熱を誤解されて無鉄砲に読まれるかもしれません。しかし、外見が変わると、意外に好感度がアップします。败北シーズンにはタンスを半分にして、もっと品质のあるスーツのシャツを手に入れたいと考えています。カシオ(Casio)Edifice Edifice Edifice Edifithは、职场の新人に「エリート攻略」をプレゼントしました。EFB-560シリーズからイメージを作り直しました。

 
男の子から男の脱皮を完成するには、自信の蓄積が必要です。金属腕時計は、成熟と鋭志のバランスがぴったりです。それはあなたの生活の質の描写だけではなくて、またあなたにとても時間の観念があるように見えさせて、落ち着いて信頼できます。

 
洗練された型で、簡潔でデザイン感があり、EFB-560シリーズが発売されると素晴らしい目の縁が得られます。3つの腕時計はすべて動感の十分なレースを設計の霊感にして、大きい文字盤は組み合わせてダッシュボードの設計の3つの機能性の小さい文字盤をまねて、すべての若い精華のようで成功に対して止まらない野心に対して、金属の質感は内を屈折して集めてと落ち着いている別の面を表します。

 
このような抜群の顔立ちは、コーディネートにも余裕があります。イギリス風のチェック柄のスーツやシルエットの修身用の尼毛のコートに簡潔なシャツを合わせて、低調で高級です。オフィスでもビジネス会議でも、よりゆったりとした上品な自信を発揮します。それと同時に、Edificeも個性の表現を十分に考慮して、英知型のEFB-5660 SBD-1 A、モダン感のEFB-560 SBD-2 A、及び文芸範のEFB-5660 SB-1 A、三つの腕時計はそれぞれの気質魅力があります。

 

http://www.jplifeblog.top/