Azurejoはポルトガルで流行っているタイル画の芸術です。モザイクのような形をしており、大型壁画を合成することができます。微小な文字盤にこのような芸術形式が現れているのは、精妙な微収縮エナメル色彩画芸術の新たな分野です。エナメル色調の違う青色のエナメルを使って、小さな文字盤の上に、壁に本来現れたタイル画を幾重にも手で描きます。エナメルコーティングは850℃を超える高温で焼かなければなりません。誤視の技術を利用して、リアルにタイルの外観効果を現れて、まるで全体の文字盤は多くの小さいタイルから構成されています。この非常に時間がかかる仕事は、職人が収縮芸術作品をゆっくりと成形する過程で、絶対的な忍耐と集中を保つ必要があります。

 
この2つの腕時計は全部経典の18 KのプラチナCalatrvaの円形の時計の殻を採用して、つるつるしている研磨の時計の輪を組み合わせます。肩ヒンジ型防塵カバーに保護されたサファイア水晶の透蓋はカリバー240のムーブメントの機械的な美しさを表現しています。今年はちょうど40周年の記念となるこの超薄型自動上弦のムーブメントは、埋め込み式22 Kゴールドの偏心ミニ自動ディスクを採用しており、豪華な装飾処理も施されています。この2つの珍しい工芸の傑作は全部黒いワニの皮の時計のバンドを採用して、そしてプラチナの折り畳み式の時計のバックルがあります。

 

http://www.jplifeblog.top/