投稿日:

文字盤に星を描く

梵克雅宝灰エナメル工芸
エナメル工芸に造詣の深い梵克雅宝は、スーパーコピー時計星空を描く時、埋もれて久しい技法を出しました。エナメル微絵技術は16世紀に創建され、二色のエナメルで光と影の微妙なコントラストを描き出しました。初めての焼成工程では、シャーシに色の深いエナメルをコーティングします。職人はその後、滑らかな光のシャーシの表面に研磨され、ブラシと針を利用して、層を通して徐々に進む深さのタッチで、非常に幼い白釉を研磨して景物の画像を描いています。30回以上もの反覆焼制を経て、エナメルの画像は微妙な色彩変化を示し、ついには文字盤に神秘的な夜の光を当てる。一枚の灰調エナメル文字盤の繁雑工程は約70時間かかります。梵克雅宝は最近更に開発した全く新しい工芸技術で、文字盤に少しの金色の光をまいて、[……]

Read more

投稿日:

文字盤の星がきらきら輝いている。

アコードの伝奇シリーズの砂金石陀飛輪の大秒針時計ウブロコピー
砂金石は大体星空に一番近い鉱石です。紺の生地に金色の天然がまぶしく輝いています。まるで夜の満天の星空のようです。アコードの伝説シリーズから生まれた砂金石陀飛輪の大秒針の腕時計は、砂金の文字盤と砂金の置物に星の輝きを表現しています。

 
表職人は華やかな表現に力を尽くしています。宝石のモザイクはこの腕時計で素晴らしい表現を得ました。砂金石陀飛輪の大秒針の腕時計の時計の輪、冠と有名な8字形表の縁は共に382粒の明るい式を象眼してダイヤモンドを切断します。ダイヤモンドの火の光は、輝く青い砂金の石と星が密集した深い夜空を構成しています。青い鋼の針は遠くから呼応しています。白い真珠の母贝の时盘は読む时に一目瞭然で、流动[……]

Read more