万宝竜大班は、シリーズのパルスを受け継ぎ、美耐華時代の高級製表技術を忠実に再現した。腕時計に搭載されている万宝龍Calbre MB M 13の機軸は、伝奇的な機軸の美に基づくCalbre 13の設計のインスピレーションに基づいて生まれた。この伝奇の機軸と同じで、万宝竜Calbre MB M 13の機軸は手の上で構造を鍛えて、構造と装飾はすべて彰がスイスの伝統的な製表の工芸と美学の設計を見せます。それに加えて、万宝龍大班の古典的なデザインが受け継がれています。万宝龍大班伝承シリーズの脈拍数表の脈拍数はマスクの外縁に位置しており、この刻度は30回の脈拍を測定マーク(GRVUEパワー30 PATION表示)とし、軌道式の目盛りで10と15回の脈拍を表示します。

 
パルスの目盛りは、カウントダウン秒と同心円方式で表示され、毎秒1/5秒の細分で、機軸振周波2.5ヘルツに対応し、カウントダウン精度は1/5秒となる。面盤は、繊細な黒の刻度線で、5分ごとに表記されたアラビア数字の刻印を組み合わせて、ローストブルー処理を経て、大型中央カウント・秒針の先端を赤に飾り、時分の副マスクで矢印型のカウントダウンを採用し、後者の造形は米耐華製表工場の有名なブランドマークを象徴しています。生地を細視し、分刻みに黒の円点デザインを採用し、時間刻みに多面カットメッキを採用した場合、ローマ数字「XII」と「VI」を組み合わせた。太妃式メッキの時、針と時には調和がとれていて、18 Kのバラ金の殻との間に映えています。