印象の美しさというGolden Afetnonは39ミリの直径で、19世紀初前のラファエロのカメラマン、Juiaマーガレットのスタイルを参考にして、腕時計デザインの中に入れた。パール母貝の作った皿、上にカラフルな花園を描き、12粒のダイヤモンドで天使の翼を象徴するような時の針、天使の長玉の火の秒針の頂に見える。味わい深いのは、表盤のデザイン意識流の表現として、静謐な金色の午後をもたらす。

 
これは淑女気質を持つ腕時計で、42時間の動力貯蔵用のオートコアを搭載している。DeWitt腕時計の古典的な帝王柱は、Golden Afetnonシリーズで新たなデザインを行い、女性の美しさを見せている。12粒のダイヤモンドは12枚の小さい扉のようで、美しい花園に通じることができて、もしアリスはウサギの穴の後の奇遇に落ちます。表冠も再設計を経て、形がより丸くなっている。金色の放光針には美しいDeWittマークが付けられ、完璧な修飾に花を添える。

 
プラチナのホワイトパールシベルの上下下には、412本の明るさカットダイヤモンドがあり、約2.88クロラ。時計の輪は108粒のダイヤモンドを象眼して、表殻の側面は165個のダイヤモンドを象眼して、表盤は67粒のダイヤモンド、時計の冠は1粒の青い凸形のブルーのサファイアがあります。