サファイアガラスの表面を通して、ダイヤモンドを埋めた赤い金の中のラ琴は40ミリの表盤の上に回転して、18 Kの赤い金の表盤の環状は約361個のカットの完璧なダイヤモンドを象眼して、総重は6.54クレラに達して、まるで人間の神の曲の音符のようです。その独特な点は、ヒラゲの両翼がそれぞれ0.35クレラダイヤモンドを散りばめており、ダイヤモンドごとにGIA認証を得ている(Geotiical Instituicaアメリカ宝石学院、国際で最も権威的な宝石鑑定機構)。全自動伯爵(Pguet)の機軸、ワニの皮の表帯、折り畳み式のプラチナ表はダイヤモンドを象眼する。

 
豪門の世家は時間と音楽の要素を見事に融合させ、さらに貴重な希少を示している。

 
豪門の世家は優れた品質で、製表の技師の真の心に源をつけて、そして1人の収集者の好みによってカスタマイズして、それぞれの芸術要素をそれぞれの願いを考えて、各豪門の世界の時計の時計の設計の中に溶け込んで、美輪の美しい表身を通して、美しい願いを幸せにして、豊かな芸術の息吹に付着している腕時計の上。