50-02 RM ACJ双秒追針陀フライホイールクロノメーター
リチャード・にMilleにとって、航空製造分野はずっとそのインスピレーションの吸収に。ブランドとしてはずっと最先端素材と最も伝統のセイコー芸融合21世紀のタブ哲学も、時代を代表する先端技術分野の航空製造原理に重なる。「応用革新で世界的に有名なエアバス(Airbus)はずっと航空デザイン分野のリーダー、特に傘下エアバス公務機(Airbus Corporate Jets、略称ACJ)、もっぱら個人のお客様の製造機。

 
50-02 RMとどのように完璧エアバス融合:
全体のケースとACJ典型的なフォームのデザインが保険は、多層ボディ構造を眼下に。リチャードMille RM 50-02ケース採用チタンアルミニウム合金(TiAl)を作成して、エアバス(Airbusジェットタービンブレード)必要があるから高温や上空の圧力の下で安全運転ので、採用チタンアルミニウム合金この極めて堅固で高度圧縮の材料。この金属共化合金の特性に介在して金属とセラミックの間、金属物理特性を備えながらも、陶磁器の力学特性を持つに匹敵する、生地は極めて堅固には従来よりも軽いチタン合金。表冠キャラからインスピレーションジェットエンジン、同時に刻まれエアバスの渦が形企業ロゴ。唯一無二の矢印の指針と豊富な設計、各機能の小さい文字盤を調べ、時間を見て、同様に飛行機の計器盤。