実はMinerva 1920年代はイタリアフィレンツェ時計職人の主要なサプライヤーも含め、今一番人気のイタリアブランドPaneraiオフィチーネ・パネライ。このRadiomir 1940 Chronograph搭載のOP XXV手動でチェーンムーブメントは、Minerva Calibre 13.22ムーブメントを基底かのように、積載したいとこ工場の歴史物語。外観設計上での伝統的なブランドに従い、経典枕型ケースをRadiomir 1940採用した堅牢表耳伝承されていく。

 

 

クロノメーターの機能によって面盤配置と大多数のオフィチーネ・パネライ時計と違って、はは、ブランドの古い姿は、少しレトロ感。もちろん、クラシカルデザインの1つのサンドイッチ面盤盲に杖内側夜光塗料、鼻をつままれても分からぬの夜にも読みやすく時。にもかかわらず、現代腕時計の多くはサファイアクリスタルガラスミラーとして、Radiomir 1940 Chronographは選択Plexiglas®ガラスミラー。当時とブランドをイタリア海軍制作の原始の表モデル用の有機ガラスの鏡の顔に似ていて、充分に表現は早期の背景の特色。だからこそブランドとイタリア海軍のリンク、いきいきとした独特の色に加え、強い風が多くのオフィチーネ・パネライコレクターを魅瞭。