中国で、人々はエナメルと「七宝」、「唐三彩」に引っかかるだが、実はそれらの間の違いが大きい。簡単に言えば、エナメルは一種の焼き上げる技術である。その起源について、人はイスラム砂漠の中で発見した特殊な色を帯びた石は用いて飾り、そして。実はエナメル工芸はすでに存在しじゅうご世紀アジアまで、1世紀余り後、エナメルで最も盛んになる時代ヨーロッパを経験した後、やっとヨーロッパからまた徐々に送信中国人を組み合わせて、その後中国古来の靑銅器鍛造技術は、エナメル工芸の一つ―――掐丝エナメル技術の発展から当時頂点を「七宝」殘され。像のとても有名な「熊氏エナメル」七宝焼大瓶を掐丝エナメル工芸のシンボル的な作品の一つ。

 
唐三彩について、それは厳密に属するべき「釉彩」プロセス:まず「漆面」の制作成型、漆で燃やし彩釉。エナメルと釉彩の原料の成分はすべて鉱物の一種だが、釉彩制作中に必要な温度は普通よりエナメルで、プログラムにもいろいろな(左図をフランジミュラーInfinity釉彩工芸腕時計)。