掐丝エナメルは生活に応用最も普遍的なエナメル芸だが、時計の盤面上の掐丝エナメル芸術と他のとは違って、それは、ダイヤル胚に、極細のトノサマガエルが事前に描き出して柄にデザイン、そしてこれらの図案の異なる地域の配置違う色のエナメル進いい焼き。これはイメージ時の例では、「掐丝工芸」は文字盤水平面に、「砦」1部屋は屋根部屋、その間の隙間からエナメル詰め込む。

 
「内記入工芸」は文字盤水平面に、下を掘り起こし間部屋、その間の隙間からエナメルを記入して、内をエナメル工芸最適レンダリング花や鳥羽羽根などのテクスチャ、段落がはっきりしている模様。そして、大色の塊のエナメル色対比を強化して、人目を引く宿る文字盤の上に、対照的に、半透明エナメルが前より両者がもたらす透き通るような視覚体験、このプロセスはじゅうよん世紀として、掐丝エナメルのさらなる演繹して、半透明半透明基板上に描画エナメルはエナメル技術;四種のエナメルプロセスに、難度の最大のはマイクロ絵エナメル、それに必要なエナメル大師人手は原作(通常は世界でも有名な油絵)固定割合に縮小した後、また中国の細密絵画のように少しはエナメルで色、これが最終的に得を生き生きと神韻のマイクロ絵エナメル作品。