ゲーラ苏蒂オリジナルを再現するため「Spezimatic」シリーズの経典で、そのインスピレーション源として、既存の技術を融合技術革新をろくじゅう年代シリーズの腕時計。2007年には同シリーズ初登場し、記念に世紀ろくじゅう年代当時国営のゲーラ苏蒂人民時計工場のもたらすて影響力を満たすために腕時計ファンも、この時代の懐かしさ。

 
ザクセンタブ工場を守りゲーラ苏蒂鎮完璧タブ工芸の前提の下で、1種の新しい形での盛り上がりろくじゅう年代を解釈:捏ねる優雅、レトロモードや极简趣の設計ろくじゅう年代シリーズ衆レトロブームのファン殺到する。一瞬の間、60年代の排他的な趣が、みんなの目の前を徹底的に再現していたようだ。どんなを持つかどうかブランドの有名な大カレンダー窓、濃厚濃紺、エレガント黒または経典銀色の文字盤もこのシリーズで注目を集めそうファッション時計。