投稿日:

万年暦神話フィリップカレンダー時計Ref . 5396

人類の歴史の文化の流れの中で、記録の1年間の時間より記録単日の時間の意味を重大な。天文暦の出現まで、人々が天体の位置によって確実に追跡通年の時間の変化。

 
パテックフィリップ初の万年暦腕時計:賛嘆のNo.97975腕時計(現存フィリップ博物館に展示されInv.P-72番号)、1925年。この腕時計が表示でき日付曜日と月のほか、分けてさんじゅう日と31日の月を除いて、も自動識別閏年。万年暦時計の頂点にはCalibre 89懐中時計。1989年、会社創立150週年を記念し、パテックフィリップ四枚Calibre 89や、一枚の原型のような表、この表現はフィリップ博物館の陳列。この時計は遵守閏年ルールのほか、西暦ルール遵守グレゴリー、甚だしきに至っては表示できるイースターの日変化[……]

Read more

投稿日:

王中之王フィリップ大師音は腕時計Ref.6300

パテックフィリップ大師音は腕時計Ref . 6300は1項のスーパー複雑時計機能、パテックフィリップの現産スーパー複雑時計機能でトップで。この時計は両面にじゅう復雑機能を含む5種類のアラーム機能、その特許2項目の機能を世界で初めて属。新型大師音は腕時計18 kプラチナケースを採用し、特許反転装置を搭載し、文字盤のいかなる令ににつけ、つい手彫りパリ釘柄で、パテックフィリップ時計シリーズ定番帰属。手動巻きムーブメントGS AL 36-750 QIS FUS IRMはフィリップ史上最も復雑な腕時計ムーブメントを含め、いち、366枚部品、二階ゴールド?文字板の間に回る。ムーブメント動力は貯蔵2つのダブルバネ箱のうち、1できるムーブメントが運行72時間と、もう一つはさんじゅう動力機関に提供する時間を時[……]

Read more

投稿日:

新しい変化积家Duomètre Sph Eシリーズrotourbillon翼立体二軸陀のはずみ車の腕時計

今回ジュネーヴ积家ことに十分な準備を経て、予熱新品さえも大作が絶えず、Duomètre翼腕時計が発売3枚を含め、月相新品、カウントダウンカレンダー、そしてこの枚最も復雑な立体二軸陀フライホイール表項。三枚腕時計は採用オパール装飾の磁石灰フェイスは、色彩にも人がきわめて深い印象を与え。

 
この多軸陀フライホイール、Duomètre翼腕時計シリーズ第四弾、陀はずみ車の機能は最初懐中時計のため、伝統的な陀はずみ車でないと相殺位置に受けた引力の影響。だから、加入しなければなりませ余分の回転軸を実現するために、三次元立体回転してこそ、令腕時計の陀はずみ車は別の位置に効果を発揮する。

投稿日:

バセロンコンスタンチン伝襲シリーズ陀はずみ車3問腕時計の新しい変化

は、独自開発のブランドを製造し2755 TMRムーブメント集3問時報と陀はずみ車2大主要の時計に複雑な機能が付き、ジュネーヴ印の認証を経て。腕時計はバラの金とプラチナのデザインで、その中のプラチナを搭載し、深い岩灰色や銀乳白色の2種類の文字盤、バラの組み合わせ金は銀乳白色の文字盤、文字盤飾がバセロンコンスタンチン専売店の限定発売表の精緻な手作り機時彫り柄が展示された源于世纪の機じゅうはち時の彫り物芸。は六時位の陀はずみ車のフレームを採用しバセロンコンスタンチンマークのマルタ十字型を採用し、手作りの研磨の陀フライホイール横橋、何と部品が耗费約じゅういち時間鏤骨。